FC2ブログ
KoyoConservatoryKobe

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業スクールライブ「フェアウェルライブ2015」

甲陽音楽学院の学内オーディションで選ばれた18 組が演奏する卒業コンサート「フェアウェルライブ2015」が3 月8 日(日)に、神戸朝日ホール(神戸市・中央区)にて開催されました。

IMG_3466.jpg _O0I6958.jpg

開場前から多くの皆さんにご来場いただき、大手レコード会社・プロダクションのスカウトマンも訪れ、毎年注目度の高いイベントになっています。

オープニングは、ディズニー映画「リトルマーメイド」の珠玉の名曲「Part of your world」。シンセサイザーを駆使し、小編成でも劇中の演奏を見事に再現。人魚に扮した生徒たちが見事に歌い上げました。その後も、Steve Vai、George Russell、Brian Blade らの曲が次々と披露され、会場も大いに盛り上がりました。

また、「On Her Way/Pat Metheny」を演奏したアンサンブルでは、主旋律パートにギターだけでなく、大胆にヴァイオリンを編成。「TARKUS-ERUPTION/ Emerson, Lake & Palmer」を演奏したアンサンブルでは、キーボードトリオの曲をサックス+ギタートリオで演奏するなど、各バンドのアレンジも聞きごたえがありました。

もちろん今回のフェアウェルライブも甲陽音楽学院らしく、ロック・ポップス・ジャズ・ラテン・ダンスミュージック・オリジナルなどの幅広いジャンルのバンドが出演しました。

さらに、カルテットからビッグバンドまで様々なバンド編成や歌謡曲からJ-POP といった様々な年代の楽曲。そして、トラディショナルジャズからコンテンポラリージャズなど様々な演奏スタイルがありました。

演奏技術や楽曲のアレンジだけでなく、歴史や文化など音楽が持っている魅力がいっぱい詰まったライブをお届けできたのではないかなと思います!

IMG_4333小
またこのイベントの主役は出演者だけではありません。ステージ制作も学生が全て行います。この日のために半年前から準備が進められ、音響・レコーディング専攻の生徒たちを中心に、開催前日から講師の監修の下、舞台の設営、サウンドチェック、リハーサルが行われました。
多種多様の音楽やバンド編成にしっかり対応するためのノウハウは、卒業後の現場でも生かされていきます! 甲陽音楽学院は、今後も次の世代を担う音楽家を育てて参ります!

TO7_0116小
3月29日(日)に音楽の現場で必要なことをお教えする「春のスタートダッシュセミナー」を開催いたしますので、ご興味のある方はぜひご参加ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。