FC2ブログ
KoyoConservatoryKobe

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年最後のセミナー案内!!

今年も残すところあとわずか!今年最後の月には、すごいミュージシャンの方々が来校します!!

12/7(日)森士郎氏によるジャズセミナー
名門バークリー音楽大学卒業後、ニューヨーク、ハワイでトップクラスのミュージシャンたちと活動を重ねてきたマルチプレーヤー森士郎氏(Gt/Pf/作曲/アレンジ)が今年も来校!
ジャズを演奏するにあたって、疑問に感じていることやうまくいかなくて悩んでいることはありませんか?
実際にセッションを通じて、幅広い質問にお答えします。
「質問は特にないけれど、とにかくセッションしたい!」という人も大歓迎です♪

お申し込みは甲陽音楽学院のHPで!

森 士郎(Gt・Pf・作曲・アレンジ)~プロフィール~
1952年、東京都出身。19歳でアメリカに渡り、ボストンのバークリー音楽大学を卒業。
1975年から1979年にかけて中村照夫&ザ・ライジングサンにギタリスト・作曲家として参加。
「RISING SUN」「MANHATTAN SPECIAL」の2枚のアルバムを発表し、ニューヨークでプロとしての活動を開始する。
スティーブ・グロスマン、ロニー・スミス、ハービー・ハンコック、カーター・ジェファーソン等数々のミュージシャンとレコーディングやライブで出演し、また1979年アル・フォスターの「MR.FOSTER」の作編曲としてボブ・バーグ、トム・ハレル、ロン・カーターらと共に参加。
1983年に活動の拠点をマウイに移し、演奏活動をしながら、作曲・アレンジでニューヨークやハワイを中心に活躍する。
1990年に中村照夫のアルバム「WILD SMILE」に参加。1992年には鈴木良雄プロデュースで「ISLANDS」をポリドールよりリリース。
また、1994年にはアルバム「THE BRIDGE OF MADISON COUNTRY」にトゥーツ・シールマンズ、スタンリー・タレンタイン、ランディー・ブレッカー等と共に参加。現在、地元マウイとホノルルでジャズギタリスト・ピアニストとして活躍中。

12/20(土) ポール・ジャクソン ベースセミナー

ファンク・ビートの鬼才!ポール・ジャクソンのベースセミナーを開催いたします。
ハービー・ハンコック「ヘッド・ハンターズ」のバンドメンバーで、著名アーティストのレコーディングやライブにも数多く参加し、輝かしいキャリアを持つ、ファンク・ビートの鬼才、ポール・ジャクソンが再び来校!
彼流の奏法・テクニック、フレーズ&サウンドメイキングの秘訣などを、実際のデモ演奏を交え解説します。
ファンキーなグルーヴを生み出す超絶テクニックを間近で体感するチャンス!

お申し込みは甲陽音楽学院のHPで!

ポール・ジャクソン~プロフィール~
カリフォルニア州オークランド生まれ。16歳からジャズ・ベーシストとしての活動を始める。陸軍音楽隊員のバスーン奏者としてヨーロッパで活動後、73年にリリースされハービー・ハンコックのアルバムとして初めてビルボードのジャズ・チャートNo.1を獲得したヒット・アルバム「ヘッド・ハンターズ」でバンドメンバーとして参加。
後に他のメンバーとともにザ・ヘッドハンターズを結成している。ハービー・ハンコック、ジョージ・ベンソン、マイルス・デイヴィス、ラリー・コリエル、カルロス・サンタナ、などのレコーディングやライブ・セッションで活躍。
2014年4月、超名盤「ヘッド・ハンターズ」に収録され大ヒットしたジャズ・ファンクの定番曲「カメレオン」が、アルバムのオリジナル・メンバー、ハーヴィー・メイソンの手により40年ぶりにリメイク!
豪華メンバーの集結が話題となっている。

12/28(日)トニー・モナコ 小沼ようすけ&ジーン・ジャクソン スペシャルセミナー
545884d7eb39d.jpg
ジャズ・オルガンの巨匠ジミー・スミスの愛弟子トニー・モナコ、日本が誇る人気ジャズ・ギタリスト小沼ようすけ、90 年代の10 年間ハービー・ハンコックバンドで活躍した名ドラマーのジーン・ジャクソンによる極上のトリオによる年内最後のスペシャルセミナー!

お申し込みは甲陽音楽学院のHPで!

トニー・モナコ~プロフィール~
オハイオ州出身。8才からアコーディオンを始める。16才の時に、ジミー・スミスに演奏を録音したテープを送ったところ激励の電話を受け、それ以来師弟関係となる。神経性筋萎縮症による度重なる入院生活や家庭の事情によりプロとしてのデビューが遅れたが、2000年、ジョーイ・デフランセスコのプロデュースにより「バーニン・グルーヴス」でデビュー。
パット・マルティーノ・バンドのレギュラーオルガン奏者となり、ライヴ盤「アンデナイアブル」にエリック・アレキサンダー、ジェフ・ワッツと共に参加した。日本では三者連名のスペシャル・トリオ“トニー・モナコ・小沼ようすけ&ジーン・ジャクソン”を2011年に結成。2013年「ライヴ・アット・コットンクラブ、ジャパン」をリリース。
小沼ようすけ~プロフィール~
日本を代表するジャズギタリストの1人。2001年にアルバム「nu jazz」でソニーミュージックからメジャーデビュー、7枚のアルバムを製作した。英国アシッドジャズ・バンド“インコグニート”のブルーイと東日本大震災チャリティソング「Love Will Find A Way」を共作。
オルガン・ジャズ・トリオ“AQUAPIT”のギタリストでもある。2014年10月、ベース、ドラムス、パーカッションのカルテットによる4年振りの新作「GNJ」をリリース。
ジーン・ジャクソン~プロフィール~
1987年からケヴィン・ユーバンクスのバンドに加入。様々なスタイルのプレイができることが話題となる。メンバーチェンジの頻繁なハービー・ハンコックのグループで1991年より2000年まで活動。現在は、日本とNYを往復しながら演奏や教育活動をおこなっている。
これまでにダイアン・リーブス、サイラス・チェスナット、グレッグ・オズビー、テレンス・ブランチャード、アンドリュー・ヒル、ジョージ・コールマン、マーク・ホイットフィールドなど数多くのミュージシャンと共演。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。