FC2ブログ
KoyoConservatoryKobe

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バークリー音楽大学留学セミナー 開催!

バークリー音楽大学留学セミナー 開催!

8/25(月)に甲陽音楽学院神戸本校にて、バークリー音楽大学教授のスコット・デオグバーン氏が来校し、バークリー音楽大学留学セミナーを 開催しました。

日本で唯一、バークリー音楽大学と正式提携を結ぶ本学院が主催する留学セミナーとあって、留学を志す方が多数参加されました。

はじめに、留学説明会では、大学の概要、入学・学費について、アメリカでの学生生活、編入留学制度など、ほんの一部ですがご紹介しました。
また、スコット・デオグバーン教授による特別セミナーも行い、本場のレッスンを体感して頂きました。
IMG_6432.jpg
アンサンブルセミナーでは、甲陽生のバンドをモデルバンドとして指導するスタイルで、各プレイヤーがこのステージでどのようなことを考え、感じながら演奏をしていたか、また、それを聴いていたオーディエンスにはどう伝わるのかということを長年の経験談から解説し、実際に演奏した学生と聴講していた参加者が、ミュージシャン、オーディエンス、それぞれの立場で意見を出しながら、それに対する改善方法などをスコット教授がアドバイスしてくれました。
IMG_6443.jpg
インプロビゼーションセミナー&ジャムセッションでは、自分のプレーやアドリブの幅を広げていくにはどうすればいいか、スコット教授が普段行っている練習法を交え伝授してもらいました。
IMG_6539.jpg
例えば、曲のキーやスケールに対して、あえて違うキーやスケールを用いることで、その中で使える音を探したり、あえて不協和音を出すことで使 えない音だと体に覚えさせるという方法や、アドリブの際にあえて一つのコードの構成音しか使わないこと。これは自分に制限をかけて練習するこ とで、自分の使う音などを強く意識できるようにする練習方法です。

その他にも、実際にバークリーの学生に授業で取り組んでもらっていることを色々紹介してくれ、参加者一人一人の練習に取り入れてほしいアイデアをいくつも教えていただき、参加者にはとてもためになったセミナーとなりました。

さて、学院生の皆さん!夏休みも終わり授業再開です!!!
まず、本日学内限定の留学説明会を行います。

2年生には、留学を希望する大学への手続きについての大切な話があります。
1年生には、各提携大学の特徴・入学について、現地での生活などを紹介する予定です。

また、年末に甲陽生対象のバークリー音楽大学模擬オーディションを実施します。

2015年初旬(日程未定)に「バークリー音楽大学入学オーディション in japan 」を開催されますので、
バークリー音楽大学への入学、そして奨学金獲得のため、今からしっかり準備を始めていきましょう!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。