FC2ブログ
KoyoConservatoryKobe

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014Japan Student Jazz Festival参加レポート

2014Japan Student Jazz Festival参加レポート

去る8/22(金)~24(日)の3日間、中学生・高校生のビッグバンドコンテストJapan Student Jazz Festivalが、日本ジャズ発祥の地・神戸にて盛大に開催されました。特に今年は30周年の記念大会となり、西日本だけでなく、東日本を含む全国各地から総勢45校が出演。学生のジャズコンサートとしては国内最大の規模で大盛況のうちに終了しました。

若きミュージシャンたちを支援する甲陽音楽学院も、長年にわたり同コンサートをサポートしてきました。今年度大会でも、提携校バークリー音楽大学卒の甲陽音楽学院講師、荒崎英一郎先生と枡田咲子先生がコンテストの審査員を3日間にわたり担当。
また、甲陽講師陣に加えて、バークリー音楽大学からスコット・デオグバーン教授にも特別審査員としてご参加頂きました。

さらに、特別ゲストとして出演した甲陽講師陣によるスペシャルバンド「Koyo Jazz Masters」と「Koyo Directors Band」の演奏では、プロミュージシャンによる圧倒的なパフォーマンスに学生たちから大きな反響がありました。
下の写真をクリックしてください!YouTubeで演奏をご覧いただけます。
IMG_6210.jpg
IMG_6260.jpg IMG_6308.jpg
今年度の30周年記念大会でも、各参加校の皆さんは熱のある演奏を披露してくれました。
どの学校も中学生・高校生とは思えないほどレベルの高い演奏で、将来有望な若きミュージシャンたちの素晴らしい演奏に会場からは惜しみない拍手が送られました。

表彰式では、
審査員を務めた枡田咲子先生から柳学園中学・高等学校へ「甲陽音楽学院賞」が、
IMG_6366.jpg
スコット・デオグバーン教授からは、高砂高等学校、名古屋高校生ビッグバンド、関西大学北陽高等学校の学生に「バークリー音楽大学特別賞」がそれぞれ授与されました。
IMG_6412.jpg
特に、スコット・デオグバーン教授から英語でお祝いされた学生たちは、音楽的なアドバイスまでもらい感激の様子でした。

なお、今回のStudent Jazz Festivalに出演した学生たちには、特別に
甲陽音楽学院でのバークリー音楽大学セミナーに特別招待があり、スコット・デオグバーン教授から直接指導を受けようと会場に足を運んだ学生たちも多く見受けられました。

出場校の皆さま、3日間本当にお疲れ様でした!
先輩から後輩へ、思いを繋いで来年度も素晴らしい演奏を聞かせてくださいね!

甲陽音楽学院はこれからもJapan Student Jazz Festivalにて、若き才能の育成を応援していきます!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。