FC2ブログ
KoyoConservatoryKobe

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/24三和レコーディングスタジオ見学会リポート

西日本で最高のクォリティを誇る「三和レコーディングスタジオ」
チーフエンジニアは甲陽音楽学院の講師、万波先生です♪
~7/24三和レコーディングスタジオ見学会リポート~

20140731210433847.jpg
甲陽のレコーディングの実習は、実際にプロのアーティストが録音するスタジオで行います。クラシックピアノから管楽器などを含むバンド編成の録音まで、さまざまな楽器や音楽への対応力を学ぶのが目的です。
講師は三和のスタジオマネージャーでチーフエンジニアの万波幸治先生。永年にわたり、“音楽が分かる、演奏者の気持ちが分かる”サウンドエンジニアを育ててこられました。実習は、音響/レコーディング専攻の学生だけでなく、モデルバンドを務める学生たちにも勉強になるようデザインされています。
20140731210429a25.jpg
天神祭の前日。猛暑日にもかかわらず、レコーディングの勉強に興味を持つ人たちがこの実習の見学会に参加するために三和レコーディングスタジオに集結。初めて立ち会った甲陽スタッフは、スタジオの音の環境に感動したとか~スタジオ内の音の響きは程よくデッド、しかも楽器の綺麗な響きは残り、大きな編成のバンドの録音でも一つ一つの楽器の音がよく聞こえて、演奏しやすいだろうなと思った~。また、コントロールルームについては~スピーカーが今まで聴いた中で一番クリアな音で鳴っていたので、エンジニアもミキシングなどやりやすいだろうなと感じた~。
2014073121043253e.jpg
参加者もある種感動を覚えたようで、実際に見学し、甲陽在校生のコメントを聞いたりした後でイメージをふくらませていたようです。演奏で協力してくれた甲陽生にとっても各楽器別にブースが用意されているようなスタジオを利用する機会はめったにないので貴重な経験になったと同時に、もっと勉強したいという意欲につながったのではないでしょうか。
20140731210430f8b.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。