FC2ブログ
KoyoConservatoryKobe

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/13 バークリークリニック対策 第4弾!「バークリークリニックに参加しよう!」

2/13 バークリー音楽大学入学/奨学金オーディション対策第4弾!
「バークリークリニックに参加しよう」

今回はオーディションと合わせて2/12に開催されるバークリークリニックについてご紹介しましょう!

甲陽音楽学院は、バークリー音楽大学のジャパンオフィシャル提携校なので、甲陽生をはじめ、オーディション受験者、一般の方へ広く本場のレッスンを体感頂くためのプログラムとして、バークリーと共に、クリニックを年数回開催しています。
前回のバークリークリニックでは、教則本やジョン・メイヤーを教えたことで有名な人気ギタリストのトモ藤田さんによる特別セミナーを開催しました。

今回のバークリークリニックでは、レロ・モリナーリ先生によるベースクリニックとタイガー大越先生のインプロビゼーションクリニックのどちらかを選択できます。
ベースクリニックでは、グルーブやフレージングなど、世界に通用するベーシストとしてのノウハウを学べます。
インプロビゼーションクリニックでは、演奏中にどう自己表現していくのか、実践を交えながら即興演奏法の初歩から発展までを学べます。
最後のお二人によるアンサンブルクリニック&セッションでは、甲陽生によるモデルバンドを使って、実践を通してアンサンブルに必要な知識やテクニックについて学びます。さらに教授2人がホストとなり、参加者と一緒にさまざまなジャンルのジャムセッションを行う参加者同士のセッションも楽しみの1つです。教授陣から、一人ひとりに対してアドバイスをして頂けることも多いので、留学希望の学生でなくともチャレンジしてみるという生徒も多いです。
また、セッションに参加しなくても、他の人へのアドバイスを聞くことも、すごく勉強になり、自分に足りないことが発見できます。

クリニック終了後も、教授は時間の許す限り質問に答えてくれたり、音楽話や世間話をして参加者とフレンドリーに接してくれるので、この機会に是非教授陣に話しかけて下さいね。言い間違ってもいいし、先生もしっかり理解しようといろいろ助け舟を出してくれるので、積極的にトライしましょう!

オーディション受験者や将来海外留学をお考えの方には、コミュニケーションの練習にもなると思います。
クリニックには、甲陽卒業後にバークリー音楽大学へ留学した卒業生にもサポートとして参加してもらっているので、通訳をしてもらいながら質問するのも良いし、留学経験者として色々現地の話や体験談など聞いてみるのも良いと思います。

これまでの特集でもお勧めしてきましたが、バークリー留学に興味のある方は、絶対クリニックに何度か参加して欲しいなと思います。セッションにチャレンジして、感想を聞きに言ってコミュニケーションの練習をしてください!それがオーディション本番で聞かれることです(笑)

こういうことは絶対経験が一番大切です!今回の2/12のクリニックにご参加いただく、タイガー大越さんは日本人の方なので、コミュニケーション取りやすいと思うので、さらにお勧めです!

とゆうわけで、今回はここまで!
最終回は、バークリークリニック後、「完結版 オーディション、クリニックのレポート」をお届けします!

バークリークリニックのお申し込みはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。