KoyoConservatoryKobe

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/6(水祝) キャシー・シーガル・ガルシア ヴォイストレーニングセミナー

5/6(水祝) キャシー・シーガル・ガルシア ヴォイストレーニングセミナー

ゴールデンウィークの最終日の5/6に、世界中で活躍され、甲陽と長年親交の深いキャシー・シーガル・ガルシアさんのヴォーカルセミナーを開催致しました!
IMG_8919.jpg
セミナーに先駆け、オープンキャンパスのライブ演奏にもスペシャルゲストとしてご参加頂き、講師陣との共演で素晴らしい歌声を聴かせてくれました。

キャシーさんは優れたヴォーカリストでもあり、指導者としてもキャリアも素晴らしく、アメリカ音楽文化の貢献を認められロサンゼルス市、及びカリフォルニア芸術議会から表彰される逸材です。

今回のセミナーでは、一人一人の参加者の抱えている問題を紐解くことから始まり、歌を歌う時にもっとも重要な3つの要素とそれらのテクニックだけに頼るのではなく、自分の表現を外に伝えるコミュニケーションの大切さを実践的にレクチャー頂きました。
IMG_8944.jpg
キャシーさんのお話しに出てきた歌を歌う際もっとも大事な基礎となる3要素を簡単にご紹介すると、
①空気②身体③声帯の3つになります。
①空気とは、歌は空気の振動であり、歌う際の呼吸法、発声法が重要となります。
②身体とは、ヴォーカルが他の楽器と最も違うことは、楽器自体が生きていると言うことです。その能力を最大限に発揮するには、まず健康であるということが大切です。また、無理な体の使い方をしても良い歌は歌えません。そして、身体にはメンタル面でも影響も強いのでリラックスすることが重要です。
③声帯とは、広い音域で歌いたいであるとか、高い声が出ないであるとか、多くの人が悩むこれらの問題は、声帯の動かし方をしっかりイメージすれば克服できます。声帯は筋肉でできています。私達が手足を自在にコントロールするように、どの筋肉をどんな動かし方をすればどんな声が出せるのか把握することが重要です。

キャシーさんは、科学的にも歌を解剖されていて、多くのヴォーカリストが自分の感覚だけを頼りに、歌い方を試行錯誤している点も指摘し、科学的な視点を取り入れることで、どんな人にも明確なイメージを持って歌う方法も教えて頂けました。そのイメージも持つことで、今まで曖昧だった体の使い方が見えてきて、今までの歌い方と正しい歌い方がこんなに違うのかと驚かされ参加者も大満足の内容だったと思います。

甲陽音楽学院では、こうしたセミナーをどんどん開催していきますので、是非ご参加ください!

Cathy Segal-Garcia/キャシー・シーガル・ガルシア(ヴォ-カル)
IMG_8891.jpg
ボストン出身。5歳の頃からジャズを愛し、サックス奏者の父マイク・シーガルの影響でエラ・フィッツジェルドを聴き真似をしていた。母親も姉も音楽家という環境の中で、12歳から彼女は双子の姉達と共に父のバンドで歌うよう になる。1972年、バークリー音楽大学へ入学、フルートと作曲/編曲を学ぶ。卒業後、サンフランシスコで過ごし、現在ロサンゼルス在住。ジャズ シンガー、レコーディング・アーティスト、作曲家として、世界のトップミュージシャン達と共演、TVや雑誌でも長年紹介される。ビバップ~モダン ジャズなど幅広いスタイルが支持され、アメリカはもちろん、オーストラリア、アルゼンチン、ヨーロッパ、日本など世界で活動している。指導者とし ても素晴らしく、アメリカ音楽文化の貢献を認められロサンゼルス市、及びカリフォルニア芸術議会から表彰される逸材である。
スポンサーサイト

2015/3/29春のスタートダッシュセミナー

春のスタートダッシュセミナーを開催致しました!
スタートダッシュセミナー写真
今回は、イヤトレと作曲講座をギター科講師の藤山先生に。リズトレをドラム科講師の渕先生にご担当頂きました!(お二人のプロフィールは本記事の最後をご参照ください!)

イヤートレーニングでは、ドレミを歌うことから始まり、二つの音のインターヴァルを聞き分けるなど基本的なことから学びました。 そして、そうした一つ一つの音が、今度は伴奏されるコードに対してどう響くのか。 Cメジャーのキーで用いられるどんなコードにも良く響くG音。不協和になりやすいF音とB音などなど。 家でも、いろいろな音と音の関係を試してみてもらえると面白いと思います。

リズムトレーニングでは、メトロノームにあわせて、参加者全員のパルスを合わせることに挑戦しました。
皆のリズム感が一致すれば、音は完全に1音に聞こえるはずです。しかし、わずかに前ノリの人やすこし後ノリの人など、一人一人に小さなズレがあって、手拍子するだけなのに全員でそろえるのは思った以上に難しく、リズムを合わせることの難しさを感じてもらえたのではないでしょうか。
簡単に思えるようなことでもやってみると実は結構難しいので、リズムについてしっかり普段のバンド練習などでもコツコツ挑戦してもらえると演奏もかなり変わってくるのではないかなと思います!
先生が授業でおっしゃっていた一番大切なことは、相手の音を聞いて合わせていてはその時点でずれてしまうので、まずはしっかり自分の中のパルスを確立すること。体先行になりすぎないよう注意しないとリズム感が体調に左右されてしまうので、一人一人が頭の中でしっかりパルスを鳴らせるようになるまでは反復練習が大切です。

休憩時間には、在校生の特別ライブを開催。
アリシア・キーズさんの曲等、2バンドで合計3曲を披露してくれました!学校のイベントに出演ということで、生徒たちも普段のライブとは違う緊張を感じていたみたいですが、演奏が始まるとみんな笑顔で生き生きと演奏してくれました。

作曲セミナーでは、いきなり自由にというのは難しいので、あえて使うのはペンタトニックスケールと4分音符と8分音符のみ・尺は2小節と制限をつくり、参加者の皆でモチーフ(メロディの断片)を作っていき、それを組み合わせていくことで作曲を行いました。
「モチーフは繰り返しやすいようにシンプルにするとよい」
「Aメロ・Bメロ・サビという3パートあれば曲はできる」
「サビにその曲の一番言いたいことを持ってくる」
「モチーフの最後の小節を変化させると、同じモチーフを繰り返すだけでも曲は進行していく」
などなど、授業では初めて作曲するときに気をつけると良いポイントがたくさんでてきました!
メロディができれば、次は伴奏です。同じメロディでも、伴奏のコード進行やリズムを変化させれば、ロックやボサノヴァ、ファンクなどなど曲調や雰囲気は大きく変わることを先生が実際に弾き分けて披露して下さいました。ポップスの曲を即興でボサノヴァ調にアレンジされる先生に参加者の方々も驚かれていましたね。
そして、授業の最後にはみんなで作った曲を在校生バンドが実際に演奏してくれました!初見で大変だったと思いますが、そこはさすが甲陽生ですね(笑)素晴らしい演奏でした。
生徒達の演奏を聴く皆さんはすごく真剣で、自分の作った曲が実際の”音”になっていくのを聞くあの気持ちは、ちょっと言葉では表現できないですよね!

参加者の皆さんからは「すごかった!」「いろんな音楽を聴こうと思った!」「在校生の演奏が良かった」などいろんな感想を頂きました! 初めての曲作りは、「何をしていけばいいかわからない!」という人が多いと思いますが、今回のセミナーでなにかきっかけをつかめた人がいれば幸いです!

今後もこうしたセミナーをどんどん開催して参りますので、奮ってご参加ください!


藤山 龍一 先生
甲陽音楽学院エレキギター専攻を卒業後、バークリー音楽大学へ留学。在学中はGuitar Department Achievement Award(同大学ギター部門最優秀賞)を受賞。帰国した現在はロック、JAZZ、ブラジリアンを中心とした音楽で、関西を中心にライヴやレコーディング で活躍中。

渕 雅隆 先生
甲陽音楽学院ドラム専攻卒業。多田明日香、熊谷徳明、岩瀬立飛の各氏に師事。モーラー奏法やアレクサンダーテクニックも学び、ファンク、ラテン、ロック~ジャズ等、ジャンルを問わず活動する。Bob James、Allen Hinds、Dan Siegel等と共演し高い評価を受ける。aiko、SILVA、森川美穂、 円広志~等、その他多くのアーティストのサポートを務める。Zildjianのエンドーサーであり、ローランド社V-Drumの認定講師。

今年最後のセミナー案内!!

今年も残すところあとわずか!今年最後の月には、すごいミュージシャンの方々が来校します!!

12/7(日)森士郎氏によるジャズセミナー
名門バークリー音楽大学卒業後、ニューヨーク、ハワイでトップクラスのミュージシャンたちと活動を重ねてきたマルチプレーヤー森士郎氏(Gt/Pf/作曲/アレンジ)が今年も来校!
ジャズを演奏するにあたって、疑問に感じていることやうまくいかなくて悩んでいることはありませんか?
実際にセッションを通じて、幅広い質問にお答えします。
「質問は特にないけれど、とにかくセッションしたい!」という人も大歓迎です♪

お申し込みは甲陽音楽学院のHPで!

森 士郎(Gt・Pf・作曲・アレンジ)~プロフィール~
1952年、東京都出身。19歳でアメリカに渡り、ボストンのバークリー音楽大学を卒業。
1975年から1979年にかけて中村照夫&ザ・ライジングサンにギタリスト・作曲家として参加。
「RISING SUN」「MANHATTAN SPECIAL」の2枚のアルバムを発表し、ニューヨークでプロとしての活動を開始する。
スティーブ・グロスマン、ロニー・スミス、ハービー・ハンコック、カーター・ジェファーソン等数々のミュージシャンとレコーディングやライブで出演し、また1979年アル・フォスターの「MR.FOSTER」の作編曲としてボブ・バーグ、トム・ハレル、ロン・カーターらと共に参加。
1983年に活動の拠点をマウイに移し、演奏活動をしながら、作曲・アレンジでニューヨークやハワイを中心に活躍する。
1990年に中村照夫のアルバム「WILD SMILE」に参加。1992年には鈴木良雄プロデュースで「ISLANDS」をポリドールよりリリース。
また、1994年にはアルバム「THE BRIDGE OF MADISON COUNTRY」にトゥーツ・シールマンズ、スタンリー・タレンタイン、ランディー・ブレッカー等と共に参加。現在、地元マウイとホノルルでジャズギタリスト・ピアニストとして活躍中。

12/20(土) ポール・ジャクソン ベースセミナー

ファンク・ビートの鬼才!ポール・ジャクソンのベースセミナーを開催いたします。
ハービー・ハンコック「ヘッド・ハンターズ」のバンドメンバーで、著名アーティストのレコーディングやライブにも数多く参加し、輝かしいキャリアを持つ、ファンク・ビートの鬼才、ポール・ジャクソンが再び来校!
彼流の奏法・テクニック、フレーズ&サウンドメイキングの秘訣などを、実際のデモ演奏を交え解説します。
ファンキーなグルーヴを生み出す超絶テクニックを間近で体感するチャンス!

お申し込みは甲陽音楽学院のHPで!

ポール・ジャクソン~プロフィール~
カリフォルニア州オークランド生まれ。16歳からジャズ・ベーシストとしての活動を始める。陸軍音楽隊員のバスーン奏者としてヨーロッパで活動後、73年にリリースされハービー・ハンコックのアルバムとして初めてビルボードのジャズ・チャートNo.1を獲得したヒット・アルバム「ヘッド・ハンターズ」でバンドメンバーとして参加。
後に他のメンバーとともにザ・ヘッドハンターズを結成している。ハービー・ハンコック、ジョージ・ベンソン、マイルス・デイヴィス、ラリー・コリエル、カルロス・サンタナ、などのレコーディングやライブ・セッションで活躍。
2014年4月、超名盤「ヘッド・ハンターズ」に収録され大ヒットしたジャズ・ファンクの定番曲「カメレオン」が、アルバムのオリジナル・メンバー、ハーヴィー・メイソンの手により40年ぶりにリメイク!
豪華メンバーの集結が話題となっている。

12/28(日)トニー・モナコ 小沼ようすけ&ジーン・ジャクソン スペシャルセミナー
545884d7eb39d.jpg
ジャズ・オルガンの巨匠ジミー・スミスの愛弟子トニー・モナコ、日本が誇る人気ジャズ・ギタリスト小沼ようすけ、90 年代の10 年間ハービー・ハンコックバンドで活躍した名ドラマーのジーン・ジャクソンによる極上のトリオによる年内最後のスペシャルセミナー!

お申し込みは甲陽音楽学院のHPで!

トニー・モナコ~プロフィール~
オハイオ州出身。8才からアコーディオンを始める。16才の時に、ジミー・スミスに演奏を録音したテープを送ったところ激励の電話を受け、それ以来師弟関係となる。神経性筋萎縮症による度重なる入院生活や家庭の事情によりプロとしてのデビューが遅れたが、2000年、ジョーイ・デフランセスコのプロデュースにより「バーニン・グルーヴス」でデビュー。
パット・マルティーノ・バンドのレギュラーオルガン奏者となり、ライヴ盤「アンデナイアブル」にエリック・アレキサンダー、ジェフ・ワッツと共に参加した。日本では三者連名のスペシャル・トリオ“トニー・モナコ・小沼ようすけ&ジーン・ジャクソン”を2011年に結成。2013年「ライヴ・アット・コットンクラブ、ジャパン」をリリース。
小沼ようすけ~プロフィール~
日本を代表するジャズギタリストの1人。2001年にアルバム「nu jazz」でソニーミュージックからメジャーデビュー、7枚のアルバムを製作した。英国アシッドジャズ・バンド“インコグニート”のブルーイと東日本大震災チャリティソング「Love Will Find A Way」を共作。
オルガン・ジャズ・トリオ“AQUAPIT”のギタリストでもある。2014年10月、ベース、ドラムス、パーカッションのカルテットによる4年振りの新作「GNJ」をリリース。
ジーン・ジャクソン~プロフィール~
1987年からケヴィン・ユーバンクスのバンドに加入。様々なスタイルのプレイができることが話題となる。メンバーチェンジの頻繁なハービー・ハンコックのグループで1991年より2000年まで活動。現在は、日本とNYを往復しながら演奏や教育活動をおこなっている。
これまでにダイアン・リーブス、サイラス・チェスナット、グレッグ・オズビー、テレンス・ブランチャード、アンドリュー・ヒル、ジョージ・コールマン、マーク・ホイットフィールドなど数多くのミュージシャンと共演。
NEXT≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。